どんぐりころころ

椎間板ヘルニアから立ち直りつつあるミニチュアダックス『どんぐり』の、ゆるい毎日。保護した黒猫『しいのみ』が家族になりました!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

縫合糸肉芽腫を経験して避妊手術に踏み切る

 
去勢手術時の溶ける糸が原因で
縫合糸肉芽腫を発症し

9年前の今日(1/5)、
手術をした どんぐり。





それ以来
縫合糸肉芽腫とゆう病気に恐怖を抱き
去勢避妊手術に抵抗があった私だけれど

2ヶ月前
しいのみの避妊手術とゆう問題に直面し
悩みに悩み

手術をするメリットの方が大きい
と判断し

「避妊手術をする」
とゆう結論を出しました。





大切なのは
縫合糸肉芽腫とゆう病気があることを知り
リスクをきちんと認識すること

そして
リスクを踏まえた上で
我がコのことを1番に考えて
結論を出すこと



どんぐりの去勢手術時には
縫合糸肉芽腫とゆう病気も知らず
今思えば
安易な気持ちで手術に臨んでしまった

その時とは違い

今回
上記の2つが出来た私は
もし万が一 何かがあったとしても

9年前よりも
我がコにとって心強い存在で
いられる気がします。





私は心底思います

無知ほど怖いものない



最近では

糸を使わずに手術ができる医療機器を
導入する病院が増えてきたり

去勢避妊手術時に
他のリスクの話とともに
きちんと
縫合糸肉芽腫の話をする病院も
増えてきているようです



それらはたぶん

私たち飼い主が
「知る」ことによって作り上げた
時代の変化ではないでしょうか?





1年ほど前に
椎間板ヘルニアの手術をした
縫合糸肉芽腫の発症経験がある
どんぐり

2ヶ月前に避妊手術をした
しいのみ

これから先も
ふたりが元気にいてくれることを
心から祈っています。





小さい体でいっぱいがんばった
どんぐり と しいのみ を応援してください
 



ミニチュアダックス MIX黒猫 のランキングに参加中
 
スポンサーサイト




| 縫合糸肉芽腫 | 05:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT