どんぐりころころ

家庭内別居中!(※犬と猫) 椎間板ヘルニアから立ち直ったミニチュアダックス『どんぐり』と保護した黒猫『しいのみ』の、ゆるい毎日。

2021年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2021年05月

| PAGE-SELECT |

「歯石取り」に思うこと。

 
今月の体重測定結果


『どんぐり 6.5キロ』

ベスト体重ではあるけれど
足腰への負担を考えて
もう200gほど落としたい。。

だけど
ごはんを減らすのは
かわいそうなので
ただいま絶賛 思案中^^;


『しいのみ 3.5キロ』

ごはんを残す日もあるけれど
なんとかベストをキープ!





4/3(土)、

約9ヶ月ぶりに

篠木先生の
「無麻酔の歯石取り」に
行ってきました。



無麻酔の歯石取りに関して
色々な意見があることは
重々承知しているし

リスクもメリットも
自分なりに理解をしたうえで
定期的に
施術していただいていたけれど・・・

今、思っているのは・・・



「無麻酔の歯石取りは
これが最後かもしれない」





「次は
麻酔をかけて
抜歯をともなう施術を
選択するかもしれない」



どんぐりは

パピーの頃から
毎日歯を磨いているけれど

13歳の現在、
歯の状態は

はっきり言って
「そこそこ」、だ。





悪くはない。

もしかしたら
年齢のわりには
いい状態なのかもしれない。



だけど

どんぐりが犬生を閉じるまで
抜歯手術なしで
無麻酔歯石取りだけで乗り越えられる
歯の状態かと問われると

おそらく それはムリだ。



ならば

まだ全身麻酔に
耐えられる体力があるうちに

状態のよくない歯
状態が悪くなるおそれのある歯を
抜いてしまう方が
いいのではないか?

そんな風にも考えています。





たくさん話し合っても
まだ結論は出ていないけれど

どんぐりの歯の今後については

目を背けることなく
向き合っていかなければいけない。



我がコを愛するが故に

悩みは尽きないし
心配も尽きないし

時々めげそうにもなるけれど

私がしっかり
決断していかなければ!





今日も明日もあさっても
その次の日も・・・長らく続く

結論が出るまで
しばらく悩み続けます!!!





犬猫だって歯は大切!
どんぐり と しいのみ を応援してください
 



ミニチュアダックス MIX黒猫 のランキングに参加中 
 
スポンサーサイト




| どんぐり&しいのみ&ぐり家のいろいろ | 05:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |