どんぐりころころ

椎間板ヘルニアから立ち直りつつあるミニチュアダックス『どんぐり』の、ゆるい毎日。保護した黒猫『しいのみ』が家族になりました!

2018年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年08月

| PAGE-SELECT |

衝撃的すぎて怒りを覚えた出来事

 
この暑さは・・・
もう夏だね、夏なんだね。

どんぐりとしいのみはもちろんのこと
ジョギング中に見かける猫ちゃんたちも
ここ数日、みーんなダレてる^^;





先日、
裏の家のカニンヘンダックスちゃんが
すごい勢いで吠えていた。

しかも
我が家の敷地で吠えてる?
と思えるほど声が近く感じたので

家から脱走でもしてたら、、
と心配になり
庭に様子を見に行ったところ・・・





ビショ濡れのカニンヘンちゃんが
裏の家の勝手口(外)に
ひとりポツンと係留されていた。
(我が家の庭と至近距離)



・・・?????

あまりの衝撃的な光景に
何が起こっているのかわかるまで
数秒を要したよ。



数秒後、
ようやく理解したことは

シャンプーをした
→自然乾燥させるために
外に係留して放置





おいおい、
それ、ありえないだろ(怒)!




人の目が行き届く
テラスとかベランダなら、わかる。

勝手口の外でも
勝手口が開いているなり
人が付き添っているなら、わかる。

でも、放置はダメーっ!

(もちろん勝手口は閉まっており
飼い主さんの姿は
外には見当たらなかった)



そりゃあそのカニンヘンちゃんも
「家に入れてー」って
必死に吠えるってもんだよ。





※ちなみに。。
その裏の家は去年の夏は
庭で犬のドライヤーをしていた
(ぐり家周辺では非常識な行為)

過去記事参照→



近所付き合い上、
直接言うのはアレだったので
そのカニンヘンちゃんに

「シャンプーのあと繋がれちゃったの?
かわいそうだね
はやくおうちに入りたいね
さみしいね」

と、わざと大きめな声で話しかけた私。
(家の中に聞こえるかなと願って!)



私の声が聞こえていたかどうかは
わからないけれど
その後 5分ほど経ったら
家に入れてもらった様子だったので

ひとまずホっとひと安心しました。





裏の家のカニンヘンちゃんが
飼い主さんにきちんと愛してもらって
毎日幸せに暮らしていることを
切に切に願っています。





裏の家の犬が吠えても全然気にしない
どんぐりとしいのみ を応援してください
 

               

           にほんブログ村
 
スポンサーサイト




| どんぐり&しいのみ&ぐり家のいろいろ | 05:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |